こころにオアシス

潜在意識

顕在意識(表層意識)は普段認識できる意識の領域にあり、思考、理性、

知性、行動、意志、決断などをするところです。

潜在意識(無意識)は普段あまり意識しないでいる深い部分の領域にあり、

幼年期のプログラミングや胎児の記憶、更に深い部分には中間世の

記憶(魂の記憶)、前世記憶、過去世、原始意識などもプログラミング

されていると言われています。

顕在意識と潜在意識との関係をよく「海面に浮かぶ氷山」に例えられますが、

顕在意識は水面から突き出している約10%の部分で、潜在意識は水面下に

潜っている約90%の部分です。

普段私たちがよく使っている顕在意識はたった約数%だと言うことです。

約90%もある潜在意識には、幼年期(約8歳頃まで)に与えられた記憶や

情報全て良し悪しの区別や、批判、判断機能が無く、現実と想像の区別も

無く、そのまま受け取りそのままプログラミングしていきます。

潜在意識は論理や空間や時間にしばられない存在です。

潜在意識の中に蓄積された幼時期(インナーチャイルド)のトラウマ

(心のキズ)を、大人になり意識的に変えることができないのは、潜在意識は

トラウマの出来事を好ましくないと記憶しているからです。

「頭では理解出来ても(顕在意識)、気持ちや感情(潜在意識)をコントロール

出来ない」と言う状態です。

潜在意識は感情が伴ったものに強く反応するのです。

顕在意識で何か問題解決しようと考えると、潜在意識はプログラミングされた

情報から必要なものを選び顕在意識へ送ります。

もし、あなたの中に否定的な情報がたくさんプログラミングされていると、

何事にも否定的、消極的なものばかり浮かび良いものは浮かびません。

反対に肯定的な情報がたくさんプログラミングされていると、何事にも

肯定的なことが思い浮かび積極的に問題解決に繋がります。

人生を歩むうえでこの両者の違いはかなりの差が生じます。

潜在意識は人間の行動、性格などに多大な影響を及ぼすので潜在意識に

良いイメージを与える必要があります。

良いことをイメージすれば良いことが起きます。

悪いことをイメージすれば悪いことが起きます。

これが潜在意識の法則です。

潜在意識は上書きでき変えることができるのです。

私たちは知らないうちに潜在記憶、過去の記憶に影響されていて、

現在の行動に不都合となる過去の記憶を探り、その影響を解消すれば

するほど自己実現が可能になり、あなたが持って生まれた可能性を

最大限に活用しバランスがとれていくことで新しい自分を発見することも可能です。