こころにオアシス

強迫性障害・強迫神経症

強迫性障害・強迫神経症は、自分の意思に反し何か考えが浮かび、

意識から振り払おうとしても、どうしても消すことができない。

ある行為を繰返し行わなければならない。

自分では、「やめよう、やりすぎだ。」と思っていても、どうしてもやめる

ことが できず繰り返し行為を何度も反復してしまい、このことによって

日常生活が著しく 制限され、非常な苦痛に悩まされています。

強迫観念とは、本人の意志と無関係 に長時間にわたり反復的に

繰り返される不快感や不安感を生じさせる観念で、 自分の意志で

消し去る、忘れたりする事が出来ません。

普通の人は、日常的にまれにあることでありそれほど気にしない

ことでも、強迫観念の多くは、これが強く感じられたり長く続くために

強い苦痛を感じている。

強迫行為とは、振り払うための行為や不快な存在である強迫観念を

打ち消し たり、強迫観念同様に不合理なものだが、その行為を

やめると不快感があり やめることができない。

その行動は千差万別で、周囲から見て意味不明な行動 でも、本人には

何らかの意味付けが生じている場合が多い。

反復行動は、明らかに過剰であり、そのことを自分でも無意味と

分かっているのに、どうすることもできずどんどんエスカレートしていきます。

 

 

○ なりやすい性格傾向 ○

几帳面で、堅苦しく、我が強く、融通が効かず、完璧主義、生真面目な性格傾向。
○ 行為、行動の例え  ○

・何度も手を洗う。何度も体を洗わないと気がすまず風呂やシャワーに何度も入る。
・外出時、ガスの元栓、戸締りが気になり何度も戻ってきては確認する。
・自分が大切な物を誤って捨ててしまうのではないかという不安から不要品を
家に貯めこんでしまうもの。
・こだわりの数があり、その数を避けたり、日常生活でこの数字に関する事柄を避ける。
又はその回数をくり返したりしてしまう。
・就寝時、電化製品のスイッチを切ったか何度も気にする。
・机上にある物が自分の定めたパターンになっていないと不安になり、
これを常に確認したり直そうとする。
・気にしても仕方の無い事を、生活に支障が出るほど過剰に気にする。