こころにオアシス

前世療法体験談

前世療法の体験談

  • (40代 女性 Tさん)

本で前世療法を知り、どうしても体験してみたくセラピーを受けることに

しました。

睡眠に入り、間もなくよくこんなに涙がでるなんて・・・・と思うほど、

ポロポロ大粒の涙が止まりませんでした。

そこには、疲れ果て年をとった孤独な自分が横たわっていました。

家族を持っていたはずなのですが周りにはだれもいませんでした。

自分で選んだ道を耐えてきた、そんな人生を悔いながら終わろうと

している姿でした。ただただ疲れ、動けず、寂しく、わびしく、悲しく、

いたたまれない気持ちでした。

このセッションを受けたことで、いろんな気づきがありました。

そして、深く考えさせられました。

この体験を生かし、急にいろんな事は変えられませんが、まずは家族や、

周りの人たちを大切にし、感謝の気持ちを忘れずに「自覚して努力する」

ことで、これから価値のある人生を送って生きたいと思います。

セラピーを受けて本当に良かったと思います。感謝。

 

  • (40代 女性 Sさん)

催眠に入っていった段階で自然に16世紀、イギリス、髪の毛の色などが

見え始めたとき、いったい自分はどこからこんなことを話しているのかと

いう不思議な感ともっともっと深く知りたいという2人の自分が葛藤していました。

どうしてお城の燃えているのが見えたとき、あんなに悲しくなったのか?

どうしてイギリスなのに現世での友や知人の顔が浮かぶのか?

確認しつつ、ただただ自分の魂の記録として信じるしかないのでしょう。

ただ、先生のおっしゃったセラピー後「明日からなにかが変わります」と

いう一言はほんとうにその通りです。

あの翌日から、とても心の落ち着いた自分の変化に気がつきました。

すべてにおいて第三者という立場で物事をみれるのです。

もう一つ”くよくよする心の重い石”を捨てたことにより、

心が軽くなったのも事実です。

一時は将来のことを考えすぎて胃痛、心痛や胸が痛くなることが

よくありましたが、今は一切そのような症状はありません。

また前よりまして直感や勘が鋭くなった気がします。

先生、そして前世療法との出会いは自分の人生の上で大きな

分岐点になりました。

いますぐに何かを変えるということはできませんが、今後の自分の生き方に

一石を投じたのは確かであります。ありがとうございました。

 

  • (40代 男性 Wさん)

最近対人関係に違和感があり、もし前世があるとしたら何故か

知りたくなりました。

セラピーを受け分かったことは、モンゴルのある戦争に強制参加され、

味方はほぼ全滅状態。

周囲には私一人。

敵に発見され大勢に囲まれジワジワ殺されてました。

自分勝手なネガティブなイメージが分かり、ポジティブなイメージへ

変えることができ、今世で大勢の人がいると、苦手な原因が分かり少し

楽になりました。

セラピー前より対人関係ネガティブなイメージの違和感がポジティブへ

変わり違和感も和らぎ本当にセラピーを受けて良かったです。

ありがとうございました。

 

  • (40代 女性 匿名さん)

今回セラピーを受け、セラピストの催眠誘導で前世に入った瞬間、

突然無意識に涙が流れてきました。

内容は、それほど悲惨な人生ではありませんでしたが、不思議と

セラピー最後まで涙が流れてました。

辛くて、悲しくて、などで涙を流してる訳でもなく、セラピストから

「前世頑張り過ぎて、あの時泣けなかったのかもしれませんね。」と

言われた瞬間、「ハッ!」といろんな事に気づき大粒の涙が流れてました。

催眠がとかれ、心身スッキリ精神的にリラックスし、今日のことを明日へ

活かしてゆきたいと思います。ありがとうございました。

  • (30代 男性 匿名さん)

僕は何度か他の催眠療法や前世療法を受けたことがありますが、

こんなにも的確にテーマに沿った前世の物語が自然にイメージ出来た

事は初めてでした。

とても安心して前世の物語を自分自身でイメージさせてくれる配慮が

凄く良くあり、クライアント主体にし強制や無理やり前世を誘導させる事が

一切無く自然に前世に導いていただきたくさんの大事なことを

学びました。ありがとうございました。

 

  • (10代 女性 Iさん)

前世療法になぜか興味を持ち受けることにしました。

自分だけの空間と時間の中で私の無意識の世界が広がります。

セラピストは無意識の世界を呼び覚ましてくれるナビゲーター、

やさしく問いかける声に次々と広がる無意識の世界。

自分の中で広がった世界をセラピストに告げることで私の中での

気づきが出てきます。

「ああ、私ってこんな思いを大切に生きてきたんだ」・・と。

催眠への不安も消えました。

なぜならば、現実の私もそこにいるからです。

まったく意識がなくなるのでもなく、自分が応えたくなければ応えなくても

いいのです。

心地よい空間に勇気を持ってさよならを告げ、現実の生活に戻った時、

ふと爽快感があることに気づきました。

時々今もあの不思議な空間に迷い込んだ瞬間を思い出し余韻にひたり、

これからどう生きていこうかと、ぼんやり見えてきている自分を感じています。

 

  • (30代 女性 Eさん)

以前からヒプノに興味があり、うまくイメージが湧いたり映像が見えたりする

のかやや不安でした。

実際体験してみると、足裏の感じ・肩に髪の毛がかかる感じまで勝手に

イメージできて不思議でした。

前世で母親から愛されなかったポーランドの女の子が見え、亡くなる瞬間は

父親に雪をかけられて埋められるという重めな内容でしたが、私自身は

落ち着いて 満ち足りた気持ちで受けることができました。

前世の女の子から今の自分を見たとき、あたたかい家族がいて

うらやましいと感じ 、改めて家族の大切さを実感することもできました。

 

注)体験された方々に承認をいただきランダムに掲載しております。
守秘義務の都合上、個人特定できる部分を除き一部ご紹介させていただきます。